防災におすすめのKenko(ケンコー) 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ 軽量・コンパクト

防災におすすめのKenko(ケンコー) 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ 軽量・コンパクト

 

 

  1. おすすめ防水単眼鏡・OLYMPUS・Monocular I 6×16の性能とは!?
  2. おすすめ防水単眼鏡・OLYMPUS・Monocular I 6×16の口コミ/レビュー/評価のまとめ

 

 

1.おすすめ防水単眼鏡・OLYMPUS・Monocular I 6×16の性能とは!?

防災におすすめのKenko(ケンコー) 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ 軽量・コンパクト

今回オススメしたい商品は、重量が僅か50gと軽量で双眼鏡と比べ持ち運びやすくサイズも92×36×34mmでとてもコンパクトなため防災グッズのひとつにくわえておくと非常に便利なケンコーの単眼鏡です。

 

軽量ゆえ女性や子供にも扱いやすく気軽にポケットに入れておくことができるのが単眼鏡の魅力で、普段の外出の際にも美術鑑賞やバードウオッチングなど様々な場面で役立つことでしょう。特にオススメなのがプロ野球やJリーグなどのスポーツ観戦での利用で選手の表情や細かな動きなど楽しむことが可能となり観戦の楽しさまで倍増してくれること間違いないでしょう。

 

防災におすすめのKenko(ケンコー) 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ 軽量・コンパクト
もちろん、災害時にもポケットにあれば先の危険を把握するのに役立ち二次災害を防災してくれるアイテムとし重宝できます。例えば大震災が発生した際、離れた場所の火災や津波などを察知する事が出来たり安全な避難ルートを見つける事の助けになることでしょう。

 

使い方としては目に当てたままピントを合わせることができるので対象を観たまま倍率を決めれるところが非常に便利で合わせやすいと言えます。最大倍率は7倍となっており単眼鏡としては標準的かつ扱いやすい仕様になっております。

 

 

防災におすすめのKenko(ケンコー) 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ 軽量・コンパクト

軽量かつコンパクトで扱いやすいということはここまでの紹介で理解していただけたと思いますが落としたりそのまんまポケットに入れといて大丈夫なの?って思った方、安心してください。付属品としてソフトケースとストラップが付きますので持ち運びの際はソフトケースに入れてポケットにしまってもらい、ご使用の際にはストラップを単眼鏡に付けて手首に通していただければ落とすリスクを最小限回避することが可能になります。

 

 

防災におすすめのKenko(ケンコー) 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ 軽量・コンパクト

防災におすすめのKenko(ケンコー) 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ 軽量・コンパクト
 

最後になりますが、このケンコーの単眼鏡を購入した愛用者様の声をまとめてみましたのでメリットデメリット読んでいただければ幸いです。

 

 

 

2.おすすめ防水単眼鏡・OLYMPUS・Monocular I 6×16の口コミ/レビュー/評価のまとめ

防災におすすめのKenko(ケンコー) 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ 軽量・コンパクト

Good Point

・コンパクトで持ち運びに便利、双眼鏡より扱いやすい。

・色んな場所で手軽に使えスポーツ観戦やコンサート鑑賞にも重宝。

 

 

Negative Point

・双眼鏡に比べて視野が狭く暗い。

・有効距離3mからの為、2m先の文字などのピントが合わない。