防災におすすめ単眼鏡・NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョン

防災におすすめ単眼鏡・NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョン

 

  1. 防災におすすめ単眼鏡・NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡の性能とは!?
  2. NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョンの口コミ/レビュー/評価のまとめ
  3. NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョンのまとめ

 

 

1.防災におすすめ単眼鏡・NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡の性能とは!?

防災におすすめ単眼鏡・NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョン

防災が見直されている昨今、あらゆる防災グッズが注目されています。防災グッズの中ではなじみが薄いでしょうが単眼鏡もその一つです。

 

趣味で使用されている方がほとんどですが、災害時にはコンパクトでありながら望遠機能が優秀な単眼鏡が大いに役立つのです。

 

その中で特に防災におすすめなNIKULA 10-30×25 単眼 ズーム望遠鏡 単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョン 非IR を紹介します。

 

対物レンズの口径は25㎜と小さめですがレンズにはフリーマルチコートが施され十分な明るさが確保されています。

防災におすすめ単眼鏡・NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョン

倍率は10~30倍までフォーカスを合わせることが可能で遠くのものから近くのものまで対応できる優れ物です。

防災におすすめ単眼鏡・NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョン 防災におすすめ単眼鏡・NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョン

 

 

 

射出瞳径は2.5~0.8㎜で暗所ではやや暗くなりますが日中であれば問題はないでしょう。

 

視野は3.5~2.5°でやや狭いですが対物レンズ径とフォーカス幅を考慮すれば妥当といえるでしょう。

防災におすすめ単眼鏡・NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョン

サイズは最長でも200㎜最短では128㎜と非常にコンパクトで携帯しやすく、価格も2080円と非常にリーズナブルな設定なので正に非常用のアイテムにふさわしい単眼鏡です。

 

 

 

 

2.NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョンのまとめ

防災におすすめ単眼鏡・NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョン

最後に実際に使用した方のレビュー記事の紹介です。良いレビューと悪いレビューをいくつか抜粋しまとめたので参考にしてください。

 

Good Point

「中国製にしてはかなり精度の良い作り込みになっています。ピント調整で困っておられる方が多いようですが、多少慣れが必要かと思います。最初X10の倍率の状態で、対象物を覗き込み、ピント合わせの回す所の先にある回さずに伸ばせる外筒がありますからここで簡単な粗調整をします。少しぼやけて見えるところまでトロンボーンのように伸ばしたり縮めたりします。その後外枠を回して微調整します。倍率を上げたい場合はその後倍率を上げて、再び微調整します。小型の三脚にセットすれば、ぶれもなくピント合わせが簡単になります。」

 

「ピントを合わせるのに最初はかなり苦労しますがなれればとても使いやすです。」

 

「ピント調整が難しいと評判なので練習してみたら、室内で2m先の4Kテレビの画素をクッキリ見る事が出来ました。日中の最大倍率で練習したところ1.5km先の道を走っている車種がわかる程度、ナンバーは読めない。このサイズにに30倍との事なんで、なんとなく収差感があります。それにしても、この値段このサイズですから十分満足です。」

 

 

 

 

Negative Point

「使い方がいまいちわからなかった。説明書を見たけど日本語でないため理解不能」

 

「使いにくいし見えづらい、やっぱり双眼鏡のがマシです。素人には無理」

 

 

 

 

 

3.NIKULA 10-30倍25 ズーム単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョンのまとめ

良いレビューではピント合わせに多少手こずる場合もあるようですが、慣れると問題なく使用でき性能に関しては高評価が多い結果となりました。

 

低評価は2件のみでした。ピントの合わせ方にはコツが必要なのかもしれませんね。フォーカス幅がメリットでもあるのですが、デメリットにもなるのは否めません。